« 昼下がり | トップページ | 真夏の東京 »

去りゆく軌跡

Img_4317


父の十七回忌を行った。


早いものでもうそんなに時間が経つのかと思いながら過ごした一日だった。


法事から帰ってテレビを点けると都知事選の速報が流れた。


結果は小池氏の当選確実とか。


都政は革新候補がやってみたほうが良いのではないかと思っていたが、その革新候補がらしくない。


都民は真っ先に手を挙げたやる気のある人に任せるという判断をしたのだと思う。


そしてその後に流れた速報は元千代の富士、九重親方の訃報、61歳は若すぎる。


膵臓癌だとか。


うちの家系はがん家系なので、気をつけないとそうなるよ、ということか。


個人的にはすごく好きな横綱だったので、自分の知っている相撲は終わったのだなという感慨ひとしお。


にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
らんきんぐに参加しております。clickよろしくお願いします!!

|

« 昼下がり | トップページ | 真夏の東京 »

スポーツ」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

通りすがりですが失礼します。

うーん、ツイッターで文春でも取り上げられてた著書の親父の出番のレビューがされてましたが
鳥越氏ってリベラルの皮かぶってますけど、根本的に考え方が古いというか昭和の親父的というか
男女同権などに関してはかなり無神経ですね。演説でもうかつに「厚化粧の女」とか「あの女候補」とくちばってしまってたしなめられたり

ツイッターのレビューでも男女間や教育論など石原慎太郎に近いといわれてましたし

著書では巨人とか自民党とか大きなもの長いものに巻かれるのが嫌いとかいていたから、思想的にリベラルではないのかもしれないですね

投稿: ノーラ | 2016年7月31日 (日) 23:58

>ノーラさん

 コメントいただきありがとうございます。

 鳥越氏は参院選の結果を見て都知事選に立候補したようですが、そもそも革新が苦労していた参院選にでればよかったのではないかと。
 主張も都知事選向きではなかったですしね。

投稿: TOMOWL | 2016年8月 6日 (土) 11:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135999/63994499

この記事へのトラックバック一覧です: 去りゆく軌跡:

« 昼下がり | トップページ | 真夏の東京 »