« 赤城ヒルクライム 2014  | トップページ | 大の字 »

軽量化

P9280405
引続き赤城ヒルクライムから。


ヒルクライムレースに主に使われるロードレーサーには山登りに必要なパーツだけしかついていない。


しかも、フレームからホイールにいたるまで、全て軽量化のためのチューニングをすることが多い。


軽量なアルミや強度のあるカーボン素材など。


これは卓球のラケットにも当てはまる、さすがにアルミは使わないけれど。


基本は木材の合板、カーボン素材を使用したラケットなど。


私の場合は、ボルの五枚合板にテンションラバーの組み合わせでとりあえず一区切り。


フォアはアンドロのラザントパワーグリップの2.1ミリ(特厚)でバックはバタフライのテナジー64の厚。


テナジー64を二時間打ってみたが、段々と感触が良くなって行くのが判る。


テナジーシリーズの中では、らしさが無い感じはあるかもしれないが、とてもコントローラブル。

にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
ランキングに参加しております。クリックよろしくお願いします!!

|

« 赤城ヒルクライム 2014  | トップページ | 大の字 »

スポーツ」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135999/60490829

この記事へのトラックバック一覧です: 軽量化:

« 赤城ヒルクライム 2014  | トップページ | 大の字 »