« 背比べ | トップページ | 雪と言うよりザラメ »

忠治 切込うどん

_dsc5797


ー 赤城の山も今宵限りか ー

国定忠治と言えばこの台詞。

以下引用
国定 忠治は、江戸時代後期の侠客である。「国定」は生地である上野国佐位郡国定村に由来し、本名は長岡忠次郎。
後にも博徒となって上州から信州一帯で活動し、「盗区」として一帯を実質支配する。
天保の大飢饉で農民を救済した侠客として脚色された。講談や映画、新国劇などの演劇の題材となる。
    ウィキペディアより引用おわり


切込うどんは赤城名物らしいが、ひろく群馬で食べられているし、そう呼ばれる。

まさに温かい切込うどんを食べたい天候だったけれど、どこも店は閉まっていた。

にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
ランキングに参加しております。クリックよろしくお願いします!!

|

« 背比べ | トップページ | 雪と言うよりザラメ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135999/59065226

この記事へのトラックバック一覧です: 忠治 切込うどん:

« 背比べ | トップページ | 雪と言うよりザラメ »