« 板山葵 | トップページ | 整列! »

疾風怒濤

Img_0450


ドイツ語で「Sturm und Drang」(シュトゥルム・ウント・ドラング)、直訳は「嵐と衝動」。

18世紀後半、ドイツで見られた革新的な文学運動。代表的な作家はゲーテやシラー。

古典主義や啓蒙主義に異議を唱え、理性に対する感情の優越を主張。
後のロマン主義へつながっていった。クラシック音楽なら、ハイドンとか。


何もない日曜日かと思いきや、いろいろと詰まって一人で勝手に忙しかった。

お店を何軒かまわり、MacBook Pro Retinaモデルを見て納得したり。
あの画面は凄い、まるで印刷物を見てるよう、というか標準印刷物のdpiと同じレベルに作られてる。
さすがにデザインを牽引してきた端末なんだなと。
ちなみに、現行iPhoneのレベルは高精細印刷物に匹敵。


で、なんとか時間を作って寄ってみたグリーンドーム前橋でのカメラ市では収穫なし。

S90


にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ←ランキングに参加しております。クリックよろしくお願いします!!


|

« 板山葵 | トップページ | 整列! »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

凄い色ですね。これは何主義でしょうか。

投稿: Tajiri | 2012年6月25日 (月) 19:26

>Tajiriさん

 これは、画像で遊び過ぎ(遊び主義)もしくは画像をいじり過ぎ(いじり主義)と言います・・・。

 スマートフォンの普及に伴い簡単に写真画像を加工、修正出来るアプリケーションが無数に出ています。
 それらのアプリを利用することで、様々なエフェクトを画像に施したりフィルター効果を楽しむ事が出来ます。
 あまりにも手軽に出来るため、ついつい遊びすぎてしまったり、やりすぎてしまうということに因んでいます・・・。

 私の場合はMacとiPhoneを使用しているため、Macに取り込んだ写真はフォトストリームというクラウドが利用できます。
 これを使うと、どんなカメラで撮影しようとMacに取り込みさえすれば、iPhoneやiPadなどですぐに共用出来ます。
 それを利用してiPhone内で各種加工をアプリで行いTwitterなどのSNSに投稿し共有して楽しむというものです。

 この画像はInstagramという写真共有アプリに投稿したところ、思いの外「いいね」を頂いたのでブログにエントリーしました。

 長々と説明してしまいましたが、既にご存知であればお許しを。

投稿: TOMOWL | 2012年6月26日 (火) 20:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135999/55042158

この記事へのトラックバック一覧です: 疾風怒濤:

« 板山葵 | トップページ | 整列! »