« 触手 | トップページ | 麒麟 »

小さい春

2881


久しぶりに畑に行ってみたらところどころに春の到来。

ふきのとうも地面から顔を出したりしていている。

ここまで開いているのは少なくて、ちょっと頭だけ出しているものが殆どだけど。


開きすぎると苦みは増すので、食べごろそうなものを掘り出して天麩羅に。


小さい春の味。

S90


にほんブログ村 写真ブログへ←ランキングに参加しております。クリックよろしくお願いします!!


|

« 触手 | トップページ | 麒麟 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

恥ずかしながら、ふきのとうは初めてみました。春ですねえ。   
ふきのとうで思い出すのが高校ぐらいの時聞いたフオークヂデユオ「ふきのとう」の「白い冬」
良い歌でした。

投稿: たにやん | 2012年3月10日 (土) 08:20

こいつの苦みが春の味ですね。

投稿: Tajiri | 2012年3月11日 (日) 08:21

>たにやんさん

 そうでしたか。でも、知っているとかは人それぞれ、環境も違いますし。
 少しだけ春を感じたような・・・。

 私は「ふきのとう」はあまり詳しく知らないので調べてみました。
 「白い冬」、あ〜、聴いた事あるかな、くらいな感じです。
 私は「白い冬」と聞いて、すぐに「紙ふうせん」の「冬が来る前に」を思い出しました。
 冬が終わろうとしているのに。

 

投稿: TOMOWL | 2012年3月11日 (日) 16:59

>Tajiriさん

 そうなんですよね。
 旬のもの、季節の味ですね。

投稿: TOMOWL | 2012年3月11日 (日) 17:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135999/54170401

この記事へのトラックバック一覧です: 小さい春:

« 触手 | トップページ | 麒麟 »