« Leaves | トップページ | 碁盤 »

タキオン

3377


かなり昔、ブルーバックスで「超高速粒子 タキオン」について書かれている著書を読んだ。


理系でもないし、専門家でもないので適当な話だけれども、この宇宙で最も早いものは「光」であることを示しているアインシュタインの一般相対性理論を覆す話。


一般的な物質の原子等を使って実験すると、高速になればなるほど質量が増しその質量によって光速に到達することはない。

一方、光は質量を持たず、常に一定の速度(光速)であり、それはどのような状態でも普遍?だったかな。

タキオンは存在すると仮定して、その有り様は質量が最大で超光速であり、その質量を減らすごとに速度を増し、質量がゼロになった時に無限の速度になるとか・・・。
つまり存在が確認されている物質とは全く逆の性質をもっている、と考えられているらしい。

といった内容だったような。

この本を読んだ時、理解など出来る筈は無いのだけれど、いろいろな想像をしてみた覚えがある。
タイムマシンとか瞬間移動とかワープとか・・・。


そう言えば先日ニュートリノの速度が・・・、という記事を見かけたような。
それで「タキオン」のことを思い出した。

超光速粒子の話をするのに一体どれだけの時間が経ったことか・・・。


D7000・AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G

にほんブログ村 写真ブログへ←ランキングに参加しております。クリックよろしくお願いします!!

|

« Leaves | トップページ | 碁盤 »

写真」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135999/52899729

この記事へのトラックバック一覧です: タキオン:

« Leaves | トップページ | 碁盤 »