« 綿菓子 | トップページ | 雷雨の前 »

終戦記念日

3228


私は戦争を経験した事がない。
これはとても恵まれた事だと改めて思う。

亡くなった祖父からはフィリピン方面に行ったり憲兵をしていた、という話を聞いたことがある。
また亡くなった父からは、その幼い頃の戦争経験を聞いた事がある。

私が幼い頃、近所の用水路には防空壕が昔のまま残っていた。
男の子なら誰でもという事ではないと思うが、戦争ごっこをしたり武器のプラモデルやおもちゃに夢中になって遊んでいた。

それなのに、本物の防空壕で遊ぶものは殆どいなかった記憶がある。
夏休みの課題でおじいさんやおばあさん、場合に依っては両親に戦争の話を聞くというのがあった。
皆が戦争ごっこをしている中、本物の戦争の遺物に近づけなかったのは、本当にあった話、それも身近な話を小さな心にそれなりに受け止めていたからかもしれない。

灯火管制が行われ、アメリカのB29爆撃機が焼夷弾を次々と落とす中、防空壕へ逃げる、という事を実際に経験した肉親から聞く。
そのような恐ろしい事が66年前まではあった。


この時期になるとあの戦争を描いたドラマや映画が多く放送される。
残念ながらそこに希望は見いだせない。

しかしそれは決して忘れてはいけない事実。
戦争を知らなくても語り伝えていかなければいけない事。


D7000・AF-S DX NIKKOR 16-85mm f/3.5-5.6G ED VR

にほんブログ村 写真ブログへ←ランキングに参加しております。クリックよろしくお願いします!!

|

« 綿菓子 | トップページ | 雷雨の前 »

写真」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

戦争を経験していない、そのありがたみを感じますね。今も多くの国で争いがあるんですし。

投稿: Tajiri | 2011年8月15日 (月) 18:03

私も経験した事の無い一人です。テレビや今は亡き祖父から、
少しだけ話を聞いた事があります。

私のご先祖様に、パラオ諸島で戦死した英兵様が眠ってます。
それを知ったのは、恥ずかしながら大人になってからです。しかし、偶然なのかは分かりませんが、前々からパラオに行きたい!と、思っておりました。しかも、何故か英語には無縁だった人間が、英会話学校へ通って日本の外を意識し始めたのは、偶然では無く"何かがある"そんな風に思っています。まだ、遺骨も見つかっていません。何か呼ばれているようで、しかたありません。こんな事話しても、馬鹿な奴だなで終わってしまうでしょうが(笑)

投稿: かねDON | 2011年8月16日 (火) 09:03

>Tajiriさん

 本当にその通りですね。諍いや争いには様々な事情があり、またあったのだと思います。
 でも、それは決して武力・軍事力では解決出来ないと思います。
 どの国にも、そして誰にでも平和が訪れる事を祈るばかりです。

投稿: TOMOWL | 2011年8月16日 (火) 13:49

>かねDONさん

 馬鹿な奴、なんてことないと思います。
 人それぞれに過去や縁があり、それを今、他の人がどう思うかなんて関係ありません。

 そして今こうして話が出来るのも何かの縁です。
 御遺骨が見つかっていない事は悲しいし残念ですね。
 いつかパラオに行ってご供養してあげて下さい。

投稿: TOMOWL | 2011年8月16日 (火) 13:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135999/52480988

この記事へのトラックバック一覧です: 終戦記念日:

« 綿菓子 | トップページ | 雷雨の前 »