« 北側からの眺め | トップページ | 初氷 »

さちの池

Img_1509

S90


前橋公園(今では前橋親水公園)にある、さちの池。
形は上毛かるた「鶴舞うかたちの群馬県」にあるように、鶴舞う形になっていますが、これは普段何気なくさちの池に行ってもなかなか判りづらいです。

そう、県庁から眺めてその形がハッキリと判ります。

何故「さちの池」なのかは恥ずかしながらきちんとは存じ上げません。
でも、これは多分「幸」なんだろうなと考えると面白いです。
一言に「幸」と言っても意味はそれぞれ。
幸福(happiness)だったり、幸運(luck)だったり、産物(product)だったりと。

そう考えると、この池に込められた思いがなんとなくわかるような気がします。

|

« 北側からの眺め | トップページ | 初氷 »

写真」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

>鶴舞う形
確かに俯瞰から見るとわかりますね。

さちの意味
どの意味をとっても納得できます。
思いが伝わってくるネーミングですね。
皆に愛されている公園、そして池なのでしょう。

投稿: すず | 2010年12月25日 (土) 02:16

>すずさん

 群馬県民、前橋市民でもはっきりとこういう風に見た方は少ないと思います。知識として知ってはいても。
 さちの意味、クリスマスにも合うかな?と思って敢えてクリスマスとは書きませんでした。
 意味は私の個人的見解ですが、そうであればいいなと。
 もちろん、群馬だけじゃなく世界中どこでも。

投稿: TOMOWL | 2010年12月25日 (土) 07:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135999/50388196

この記事へのトラックバック一覧です: さちの池:

« 北側からの眺め | トップページ | 初氷 »