« Autumn in garden | トップページ | 薄暮 »

645N。そして秋空。

B4AD1ED6-12F8-4F2E-B070-D9737A4C07F1

iPhone4


何故か昨日からうちに遊びに来ている645N。
中判のリバーサル現像したモノなんか見せられたら、そりゃ圧倒されます!

デジタルのフルサイズとも違う世界…。

D36E0886-327B-45D1-A4F6-00F19619EF45

iPhone4


645Nとは違う土俵でも、これはこれで一つの世界。

前橋グリーンドーム、カメラ中古市会場にて。

|

« Autumn in garden | トップページ | 薄暮 »

写真」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

え、、お買い上げですか。。。


645とか6×7は憧れです。。

投稿: ちゃ | 2010年12月 5日 (日) 17:20

>ちゃさん

 お買い上げされたのは、私の義理の弟様でして・・・。
 このデジタルな時代に、35㎜からブローニーへと駒を進めているようです。

 それにしても、645のリバーサルはプリントしないまでも現像したフィルム見ているだけでも凄いです。

 危険な領域です・・・。

投稿: TOMOWL | 2010年12月 5日 (日) 18:12

1~2年したらデジブローニも安くなるよ。4000万画素、いっときますか!

私ゃシグマのちょっとだけ明るい標準ズームを買いました。沖縄行ってきたけど、旅取材は常にドタバタで、いつ何を撮るか分からない。単焦点を引っ張り出す余裕がないんだよね。そして、K20DのAEはなかなか当たりが出ない。しょっちゅうドアンダーになるのでイ~ライラ。

投稿: taku | 2010年12月 6日 (月) 05:00

>takuさん

 1〜2年でデジ中判がアマチュアの手に入るようなモノになりますかね?
 645Dでもボディ・レンズ考えたら途方に暮れてしまいます。

 かといってフィルムは時代の流れからして扱いが減って来てるし。
 ま、その辺の事情は私よりも詳しいと思いますが。

 最近のシグマレンズとか結構評価高いけど、そんな感じですか、K20DのAEは?
 そんなにアンダーになるなら始めからプラス補正ありきは駄目ですか?
 それとも被写体によって変わっちゃうのかな。以前触らせてもらった時はそんな感じしなかったイメージが。
 だって発売日的に近いE-510でさえそれほどじゃないと思うけど。

投稿: TOMOWL | 2010年12月 6日 (月) 18:02

いやさ、ペンタックス製品は発売後の値下がり率が凄いからして、中古ならそのうち半額以下にはなるんでないのと。ま、それを使って何をどーするかってのは知らんけどね。

銀塩はまあ、オリンパスのボディを持ってるならそれを余技として楽しめばいいんじゃない。ブローニとなれば、ひと押しにいくらかかるか考えると気軽には撮れないよねえ。フィルムの値段も上がっていくんだろうな。

あ、レンズはまだ届いてないです。沖縄ではキットレンズを使用(で、いろんな不満が出てきたもんで)。ネット上の作例を見ていると、シグマは全体に色ノリが控え目・地味やね。黄カブリというのかセピアかぶりというのか、ひなびた色に向かいやすい印象。まあ撮った画像をいじる場合、派手→地味よりも地味→派手のほうがやりやすいのは間違いないから、いじって学んでって感じかな。

うちの子のAEは、白=アンダー、黒=オーバーっていう一般的な傾向だけでなく、同じ物を同じ設定で数カット撮っても適だったりドアンダーだったりと気まぐれが激しいんですわ。押してみないと分からない。人物とか動きものとか、やり直しが利かないシチュエーションでドアンダーがビシバシ出るとイライラMAX。そのあたりの安定性では、たぶん2大メーカーにまだまだ敵ってない。K-5も改善はされているだろうけど、下手な期待は禁物と思っている次第。

資産と呼べるものがないうちに7Dを買ってしまえば解決する話なんだけど、ペンタ用のレンズを増やしてしまう自分がをかしかりけり。K-5の底値を冷静にワッチしてますわ。

投稿: taku | 2010年12月 7日 (火) 00:22

>takuさん

 いくらなんでもあれがそんなお値段までなるかね。っていうか君が言う通り、それで何をどうしたいのかは今の自分には想像もつきません。

 それまでにフルサイズが今よりも良くなってるだろうし。
 7Dは最後まで悩んだ。2大メーカーで悩んだって事だね、結局。

 フィルムのOMは逝ってしまいました。中古市場でも15,000円前後、修理の方がおそらく高いと助言されました。

 個人的にサードパーティーのレンズを使った事がないのが大きい。評判とか作例で判断しか出来ない。
 でも、シグマの広角ズーム(10〜20㎜)辺りを候補にしてます。明るいシグマはガラスの塊みたいで重いけどHSMなら純正の次にAFも良いかと。

 義理の弟のK7ではそんなにAEの話は出ないけどね。フィルムに(ブローニーまで)行った理由の一つは高感度が弱かったからという話は聞いた。
 でも、K7のおかげでフィルムで撮る勉強にはなったみたい。低ISOと明るいレンズ、それが彼のスタイルになりつつある。

 PENTAXは単焦点はかなり魅力的なレンズがあるしOLYMPUSと並んで良いボディ(頑丈とかネイチャー向きみたいな)作るのにズームレンズが・・・、という印象。
 7Dはプロ機。その言葉に尻込みした自分がいたりして。D7000で勉強していずれは5Dmk2後継機をしのぐフルサイズ廉価機がNikonから出る頃に(そんな機種出るのか?)備えて撮り続けたいかな。

 OM単焦点レンズ達は里子に出せなかった510にアダプター咬ませてスローに撮れたらいいかな。

投稿: TOMOWL | 2010年12月 7日 (火) 01:09

ま、実際のとこ俺みたいなモノグサにはkissでも何でもいいんですわ。レンズだってある程度の明るささえあればね。Pモードのカメラ任せで適当に撮って、見たまんまの露出で絵が出てくれば、ほかに求めるものは(大して)ない。いったん手に入れてしまうと偏執が一気に無くなるのは昔からの傾向ですな。

とはいえとはいえ、視野率100%、高感度、高ダイナミックレンジ、ついでにAEもまずまずよろしとのレビューを読むと、単に便利さを求める思いから5欲しさは募るばかり(あ、でもAWBが大進化したって記事は見ないな。ここは相変わらずイマイチなのかな)。あいつさえ手に入れてしまえば、もう一眼なんて一生買わなくて済むと思っているんだけど、甘いかしら。

そんなこんなで。薄暮の道路のぼんやりした写真を見て、小さい頃母親に読み聞かされて怖かった「おしいれのぼうけん」を思い出したよ。

投稿: taku | 2010年12月 7日 (火) 01:46

>takuさん

 そんな記憶が蘇りましたか。確かにちょっと怖そうなイメージかも。

 カメラについては僕なんかよりも知ってるだろうから言うに及ばずだと思うけど、現行機種なら7D、D7000、K5かな。こだわりの条件をおそらく満たせるのは。
 群馬ではCanonユーザーが多くて認知度も人気もCanonだね。プロユースでもそんなイメージ多いし。
 D7000のAWBは良い線いってると思うけど。同じソニーのセンサー使っているからあとはK5はPENTAXのエンジンの問題だと思うけど。
 Canon機はコンデジしか使ってないからなんとも言えないけど、S90でも良い絵を出してくれてると思うよ。
 たまに一眼は必要なのかと思うけど、目的が違うしね。K5の値ごろ待ちもありだと思う。

投稿: TOMOWL | 2010年12月 7日 (火) 11:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135999/50216766

この記事へのトラックバック一覧です: 645N。そして秋空。:

« Autumn in garden | トップページ | 薄暮 »