« 佇む家族 | トップページ | インフルエンザ »

映画試写会「沈まぬ太陽」

今年はSUBARUの「レガシィ」が誕生して20周年だそうである。

ちなみに、私のレガシィB4・RSK(1999年)は、その半分をともに走ってきた。


レガシィ誕生20周年記念・富士スバルプレゼンツとして今回企画されたのが、映画「沈まぬ太陽」の試写会。場所はイオンシネマ高崎。

以前、安く映画を見られないかな?なんてネットで探して、「レガシィに乗ってるし、応募してみるか!」、と軽い気持ちでいたら見事に当選。

映画に関する何の知識もないままに試写会に赴いた。

Blog0404

原作は山崎豊子「沈まぬ太陽」。
主役は渡辺謙演ずる航空会社社員。

かなりの力作で、ちょっとした端役にも名のある役者が顔を揃えている。

舞台は日航機が墜落した御巣高山の尾根を中心に展開する。


なんと、インターミッション(休憩)を入れて3時間半の大作。

かなりの見応えがあり、群馬県民としては冒頭から目を離せない。
あの事件がふと急に頭に蘇る。

あの時、夏の全国高校野球大会で群馬の農大二校が活躍していて、その応援に出かけるために123便に乗り、亡くなった方もいらした。

あんな大きな事故だったのに思い出せることが少なく、自分の脳天気さと時の風化作用に驚く。


今も問題になっているJR西日本の脱線事故にその教訓は活かされていたのか甚だ疑問に思える。
それとも、当事者でなければ理解出来ないことなのか。


描かれていることに具体的に触れるのは先行試写会なので止めておきます。
主題は事件もあるが、やはり人間。

実直であること、真面目であること、何か(誰か)のために人が犠牲になること。
生活のため、信念のため、そうあり続けることで人がどういう生き方をするか、ということ。


自分と重ね合わせてみる・・・。


そして、改めて事故で亡くなられた520名の方のご冥福をお祈りせずにはいられません。

|

« 佇む家族 | トップページ | インフルエンザ »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

私もこの映画観ようと思っています。
(試写会応募したけど外れたので、前売り買いましたcoldsweats01
というのも、知り合い(マイミク)の子が出てるからなんです。
母親の役らしい。

見応えありそうですね!楽しみ~。

投稿: まあ | 2009年10月23日 (金) 05:54

>まあさん

 かなり見応えあります!
 そして、かなり重いです。

 私は個人的な理由から、主人公にかなり入り込んでしまいました。

 後で感想聞かせてくださいね。

投稿: TOMOWL | 2009年10月23日 (金) 21:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135999/46512160

この記事へのトラックバック一覧です: 映画試写会「沈まぬ太陽」:

» 渡辺謙「沈まぬ太陽」PRで有楽町を“ジャック” [山崎豊子の最高傑作『沈まぬ太陽』を10倍楽しむ方法]
山崎豊子の名作を映画化する「沈まぬ太陽」に主演の渡辺謙が10月18日、東京・有楽町界隈を [続きを読む]

受信: 2009年10月21日 (水) 21:24

« 佇む家族 | トップページ | インフルエンザ »