« こんな日も・・・ | トップページ | トランペットの花 »

「極上紅茶を楽しむ」

普段は殆どコーヒーしか飲まない私ですが、中央公民館(旧西武)の催し「紅茶講座」なるものに妻が応募していたようで、見事4倍の競争率をすり抜けて二人で参加してきました。


主催は全国に店舗を持つ茶葉専門店「ルピシア」さんによるもの。

2部構成で1部は『世界三大銘茶飲み比べ』と題して、紅茶に関する基礎的な講義というかお話と三大銘茶の飲み比べ。


Blog0098

資料と試飲で三大銘茶を楽しみます。

ちなみに、三大銘茶とはインドのダージリン(ザ・ファーストフラッシュ)、セイロン(現在はスリランカ、紅茶の世界では未だにセイロンを使うとのこと)のウバ(ハイランズ)、中国の祁門紅茶「チーモンホンチャ」(特級)。茶名の後の括弧内はお茶の等級を表し、今回はどれも最高ランクの紅茶の飲み比べです。

写真だとオレンジ色のシールが付いているものがダージリン。ファーストフラッシュとは春摘みのことで、とてもさわやかな感じです。香りも華やか。少しの苦みがアクセントになります。熟成はそれ程進んでいないため、色は薄いです。

真ん中の緑のシールはウバ。ハイランズとは茶園の名前のようです。熟成が進んでいて色は濃く、ミントの香りがします。味はジャワティーに近いでしょうか。苦みはほんの僅かです。

黄色のシールは祁門紅茶「チーモンホンチャ」。中国で生産される最高の紅茶でイギリス王室でも好まれて飲まれているものだそうです。苦みは殆どありませんが、ちょっとまったりとした感じがあります。その辺が特級たる所以なのでしょうが、私にはそこまで感じ取る舌がないようで・・・。


2部はティータイム。インド紅茶で「ルピシア」さんがダージリンを中心にブレンドした「ベルエポック」という紅茶で、紅茶の美味しいいれ方を実践しながらフルートとファゴットの生演奏を聴きながらゆっくりとお茶を楽しみます。


Blog0096


随分と優雅な時間を過ごせました。
というか、私たちが座っていたテーブルだけが、他の参加者の方達とは世代が違うというか、周囲はマダム?ばかり・・・。


でも、たまに午後ティーを飲むくらいの私にとってはいろいろと勉強にもなり、美味しい紅茶も楽しめました。


そう言えば昔買った烏龍茶の茶葉がまだ未開封、真空保存であるけど、飲めるかな?


ちなみに11月1日は紅茶の日だそうです。

|

« こんな日も・・・ | トップページ | トランペットの花 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

寒くなってくるとミルクティーもいいですよ。「午後の紅茶」もいいけど、インド料理屋のスパイシーミルティーも濃厚でなかなか美味しいですよ?

投稿: mi-tarou | 2008年11月 2日 (日) 09:33

>mi-tarouさん

 そうですね。ミルクティーもいいかもしれませんね。
 インド料理ならチャイなんかがいいんじゃないでしょうかね。昨日テレビで美味しそうなチャイが出てました。

投稿: TOMOWL | 2008年11月 3日 (月) 10:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135999/42977738

この記事へのトラックバック一覧です: 「極上紅茶を楽しむ」:

« こんな日も・・・ | トップページ | トランペットの花 »